ダイエットに適した時間帯とは?

夏場が近付くにつれて、ダイエットに本格的に取り組む方は多いのではないでしょうか。
折角努力してダイエットをするのであれば、効果的にダイエットをしたい所ですよね。そこで、ダイエットに適した時間帯とその理由をご紹介させて頂きます。
先にお伝えさせて頂くと、運動に適した時間帯の話となります。食事やそれに関するダイエット情報ではございません。仮に運動をしなくても、食事制限をする事で、一時的に体重を落とす事は出来ます。
しかし、結果的には重い筋肉量を減らし、体重を下げているに過ぎません。その為、運動に適した時間を主に下記より記載させて頂きます。
結論から書かせて頂くと、体重を選らすのに適した時間帯は2つあります。
・起床後の食事前
・夕方(夜ご飯前)

この2つです。その説明をする際に欠かせない事を先に説明させて頂きます。それが、「交換神経と副交換神経」です。簡潔してしまうとそれぞれは真逆の働きをし、交互に作用するものです。
【交感神経】
行動して時、緊張している時、ストレスを感じている時に行動する神経の事です。「動」の性質を持っているとイメージして頂ければ分かり思います。

【副交感神経】
先程のとは逆で、リラックスしている時、休んでいる時、睡眠時などに活動する神経の事です。「静」の性質を持っているとイメージして頂ければ良いと思います。

何となく察しが付くかとは思いますが、交感神経が活発に働いている時に運動をした方が効果的な感じがしますよね。正にそれが、「起床後の食事前or夕方(夜ご飯前)」なのです。
先程も記載したように2つの神経は一緒ではなく1つずつ活動をします。起床後は交感神経が働き出し、就寝に伴い副交換神経が働き出すようになります。
交感神経が活発に働くことで、心拍数や心拍数が上がりだします。それによって、新陳代謝も高まり、結果的に同じ運動量でも多くの効果を得る事が出来ます。その中でも、起床後と夕方は交換神経が特に活発になる時間帯でもあるのです。
もう1点大事な事は、食事前に運動をするという事です。運動をし始めるとエネルギーを消費します。食事をしてから運動するとその食事で得たエネルギーから消費を始めます。
そこで、食事前に運動をする事が効果的なのです。食事前なので、身体には多くエネルギーを蓄えておりません。では何からエネルギーを捻出するかというと、脂肪なのです。
よく耳にする脂肪燃焼という事です。更に脂肪燃焼を効率的にしたいのであれば、短時間で激しい運動よりも、長時間の軽い運動の方が効果的です。理由として、運動を開始して20分を過ぎてから脂肪が燃焼し出します。
ウォーキングでも時間帯を選ぶことで通常以上の効果を得る事が出来ます。
最後に注意事項もお伝えします。どちらの時間も食事前に運動する事で効果的ではありますが。身体にとってはエネルギーが少ない状態でもあります。運動し始めて体調が優れないと思った際には決して無理をしないように気をつけてください。
今年は例年以上の厚い夏とも言われていますので、健康を第一に体重を減らしてみては如何でしょうか。

脱毛した方はこちらから↓
越谷 銀座カラー

健康な体が1番!

先日、会社の健康診断がありました。その結果、中性脂肪が多いとのコメントがありました。これを機会に「健康」についてよく考えるようになったのですが、健康ってどんな状態をいうのでしょう?
私は「健康」と聞くと、「何も病気のない体」を連想します。でもいくら病気がないと言っても、今回の私のように中性脂肪の高い体では病気がなくても健康な体とは言えないと思います。

私は今回の健康診断を受けて健康な体を目指したいと考え、そのためには何ができるか考えました。まず必要なのはこの中性脂肪を減らすことです。そこで管理栄養士の方にも意見を求めながらまずは食事の改善に取り掛かりました。まず取り掛かったのは肉類をあまり摂取せず、野菜を多く取り入れること。野菜に含まれる食物繊維は体にいいので中性脂肪には効果抜群です。そしてご飯などの炭水化物も少し控えるようにしました。炭水化物は多く摂り過ぎると中性脂肪に関わるからです。1回の食事でご飯茶碗に2杯しか食べないようにしました。あと、最も大事なのはお菓子やジュースなどの糖分を控えることです。糖分を摂り過ぎると中性脂肪どころか糖尿病が心配です。なので健康を目指すなら摂取しすぎはやめるべきです。

食事の改善の次は運動です。適度な運動は大切です。私も少し運動をしています。メニューは、1日に2キロのランニング、そして腕立て伏せと腹筋、背筋を1日にそれぞれ30回、行っています。汗を流すのは体にいいことなので、時間があって、体に負担がなければもっと運動したいと思います。もし可能ならジムに行くのもいいかもしれません。
健康な体を目指すには、まだこれだけでは足りません。

適切な生活リズムも大事です。早寝早起きはもちろんの事、適度な睡眠も大切です。睡眠時間は人によってまちまちですが、私は1日に8時間の睡眠をとっています。

そしてこれ以外にも食事は1日3回は必ず食べ、そして夜の9時以降は食べないように心掛けています。

健康な体を手に入れるには継続してこれらの事を行う事が大事です。なので私はこれからも頑張って続けていきたいと思います。

脱毛をお考えの方は五反田 脱毛

きちんとした睡眠に必要なもの

健康的な日常生活を送るうえで欠かせないことの一つが睡眠ですね。今回は健康で快適な睡眠をするために必要なことを書いていきます。
 人が快適な日常生活を送る上で必要な睡眠時間は何時間か?
 あなたは自分が一日に必要とする睡眠時間を把握しているでしょうか。実は必要な睡眠時間には個人によって差があります。一般的に睡眠時間の理想は7,8時間程度とされていますがこれはあくまでも全体の平均値から割り出された数字であるため一概には正しいとはいえないのです。
 睡眠時間の特徴は大きく3つに分かれています。
1ショートスリーパー(日常の睡眠時間が6時間未満の人)
2バリュアブルスリーパー(睡眠時間が6~9時間の人)
3ロングスリーパー(睡眠時間が9時間を超える人)
 全体的な割合としてはバリュアブルスリーパーが8割ほどでショート、ロングはそれぞれ1割程度の割合となっています。あなたはどのタイプに該当するでしょうか?ちなみに睡眠時間が足りないからと無理やり6時間以内起きるのはショートスリーパーには該当しないのでご注意ください。爽快感をもって目覚められる睡眠時間でなければなりません。まずはあなた自身に最も合った睡眠時間を把握できるようにしましょう。
 良質な睡眠をとるためには
必要な睡眠時間を把握できてのであれば次は睡眠の質の向上に取り組みましょう。
1毎日の就寝時間は決まった時間に
 私たちには普通の時計以外にも体内時計を持っていますね。たとえば普段0時頃に寝ている方であれば私たちの体内時計はそれに合わせて眠気が発生するようになっています。ですがこれを無視して眠気を我慢しながら遅くまで起きたり、眠気が発生する前に早めに寝た場合だとベッドに入ってから出るまでの時間が同じであってもその質は全く異なってしまいます。
2適度な運動を
 生物の体は不思議なもので適度な疲労があった方が回復力が増します。ですので休みの日であっても一日中家の中でゴロゴロするのではなく軽くウォーキング等をした方がより良い睡眠の質を得ることができるのです。
3就寝前にはTVやスマホは控える
 目に強い光を与えると脳が常に覚醒状態を維持してしまいます。これではいつまで経っても眠気が発生してくれません。なので、寝る1,2時間前ぐらいからは使用はなるべく控えることをお勧めします。
 ここで書いたのは基本的なことですので他にも快適な睡眠を送る方法はたくさん有りますので、興味がわいたら調べてみましょう。睡眠は三大欲求の一つです。しっかりとした土台が無ければ健康的な生活を過ごすことはできないので気を付けましょう。

体をしっかりスリムにするには「スリムフォー」を飲みましょう!
気になるお腹周りをすっきりさせることができます!

スリムフォーが気になるかたはこちら!