スカルプシャンプーを使い始めた

数ヶ月前から、ネットでも噂になっていたスカルプシャンプーを使い始めました。スカルプシャンプーとは、頭皮の状態を最善にキープできるシャンプーであり、毛根が髪の毛を作る状態になるのです。

その事が分かってからは、スカルプシャンプーだけを探していました。意外とメーカーによって価格のばらつきがあるのですが、最高価格のシャンプーを買えば効果が高いというわけではなさそうなのです。

ですが、そのあたりも育毛剤と同じで、人によって頭皮の環境が変わってくるので自分に合ったタイプを探す必要があります。私は育毛サロンなどに行ったことはないので、自分の頭皮環境がどのタイプであるか分かりませんが、見た目からしてもテカテカしているので、オイリータイプだと自分で決めつけています。

なので、育毛剤やシャンプーに関してもオイリータイプを常に使っています。専用のシャンプーを使えば遠くから見てもテカテカ光っていた頭皮が、綺麗さっぱり艶がなくなります。脂を根こそぎ無くなっている状態が分かるのです。

ただ、スカルプシャンプーは、少量だけ頭皮をコーティングする油脂を残すタイプなのです。少し残しておけばバリアとなって汚れや最近から頭皮を守ってくれるのです。

育毛のために買おうと思うもの

私は薄毛に悩んでから、いろいろなものを試しています。そして、最近特に欲しいと思っているものは、頭皮用のUVスプレーです。その理由は、紫外線って頭皮へ強いダメージを与えるので、ケアしないとダメだからです。

特に、私は仕事で屋外に出ることも多いので、尚更これが欲しいと感じています。また、顔は日焼け止めを塗ればケアできますが、頭皮に日焼け止めを塗るわけにはいきません。そのため、UVスプレーはとても便利だと思います。

そして、頭皮ってやっぱりデリケートなので、顔以上に紫外線の影響を受けるようです。特に、紫外線って老化の要因となるわけなので、頭皮から紫外線を吸収してしまうと、老化が早まったりするリスクもあります。

つまり、薄毛だけじゃなくて老化や健康を考えても、この頭皮用のUVスプレーって重要な役割を担うものだと思います。そして、この商品はいろいろなメーカーやブランドから、発売されているので自分に合うものを選びたいです。

特に、私はスカルプDのUVスプレーが欲しいと思っています。やはり、頭皮ケアの代表的なブランドなので、スカルプDの信頼感は大きいと言えます。そのため、今度薬局に行ったらぜひ買ってみたいと思っています。

収入と年金のカンケイ

こんなことを聞いたことがありませんか?

「年金を受給する年齢になっても、所得があったらもらえない」

これは要するに、年金というのは無収入になってしまった人の生活を手当てするためにあるものだから、老後になっても所得がある恵まれた人には必要ないという考えが根底にあるのだと思います。
これはおそらく、年金制度に設けられている「併給調整」のことでしょう。
併給調整というのは、複数の年金受給権がある場合、その両方から同時に受給することはできないという意味です。どちらか有利なほうを自分で選ばなければなりません。それでは、具体的にはどういうケースで起こり得るのでしょうか。
一番多いのは、60歳を過ぎても働き続けていて、厚生年金の被保険者となっている場合です。この場合は年金を受給する権利をすでに得ていながらも厚生年金の保険料を払っているので併給調整の対象となり、収入に応じて年金額が調整されます。もちろんこれは、仕事をしなくなったのと同時に終了するので、調整されない年金を受け取ることができます。
それでは、不動産収入や個人年金など、いわゆる老後のマネープランとして用意していた収入についてはどうでしょうか。こちらについては全く違うところからの収入なので、併給調整の対象にはなりません。つまり、これらの収入というのは公的年金から得られる収入にそのまま上乗せされます。