スカルプシャンプーを使い始めた

数ヶ月前から、ネットでも噂になっていたスカルプシャンプーを使い始めました。スカルプシャンプーとは、頭皮の状態を最善にキープできるシャンプーであり、毛根が髪の毛を作る状態になるのです。

その事が分かってからは、スカルプシャンプーだけを探していました。意外とメーカーによって価格のばらつきがあるのですが、最高価格のシャンプーを買えば効果が高いというわけではなさそうなのです。

ですが、そのあたりも育毛剤と同じで、人によって頭皮の環境が変わってくるので自分に合ったタイプを探す必要があります。私は育毛サロンなどに行ったことはないので、自分の頭皮環境がどのタイプであるか分かりませんが、見た目からしてもテカテカしているので、オイリータイプだと自分で決めつけています。

なので、育毛剤やシャンプーに関してもオイリータイプを常に使っています。専用のシャンプーを使えば遠くから見てもテカテカ光っていた頭皮が、綺麗さっぱり艶がなくなります。脂を根こそぎ無くなっている状態が分かるのです。

ただ、スカルプシャンプーは、少量だけ頭皮をコーティングする油脂を残すタイプなのです。少し残しておけばバリアとなって汚れや最近から頭皮を守ってくれるのです。

育毛のために買おうと思うもの

私は薄毛に悩んでから、いろいろなものを試しています。そして、最近特に欲しいと思っているものは、頭皮用のUVスプレーです。その理由は、紫外線って頭皮へ強いダメージを与えるので、ケアしないとダメだからです。

特に、私は仕事で屋外に出ることも多いので、尚更これが欲しいと感じています。また、顔は日焼け止めを塗ればケアできますが、頭皮に日焼け止めを塗るわけにはいきません。そのため、UVスプレーはとても便利だと思います。

そして、頭皮ってやっぱりデリケートなので、顔以上に紫外線の影響を受けるようです。特に、紫外線って老化の要因となるわけなので、頭皮から紫外線を吸収してしまうと、老化が早まったりするリスクもあります。

つまり、薄毛だけじゃなくて老化や健康を考えても、この頭皮用のUVスプレーって重要な役割を担うものだと思います。そして、この商品はいろいろなメーカーやブランドから、発売されているので自分に合うものを選びたいです。

特に、私はスカルプDのUVスプレーが欲しいと思っています。やはり、頭皮ケアの代表的なブランドなので、スカルプDの信頼感は大きいと言えます。そのため、今度薬局に行ったらぜひ買ってみたいと思っています。

収入と年金のカンケイ

こんなことを聞いたことがありませんか?

「年金を受給する年齢になっても、所得があったらもらえない」

これは要するに、年金というのは無収入になってしまった人の生活を手当てするためにあるものだから、老後になっても所得がある恵まれた人には必要ないという考えが根底にあるのだと思います。
これはおそらく、年金制度に設けられている「併給調整」のことでしょう。
併給調整というのは、複数の年金受給権がある場合、その両方から同時に受給することはできないという意味です。どちらか有利なほうを自分で選ばなければなりません。それでは、具体的にはどういうケースで起こり得るのでしょうか。
一番多いのは、60歳を過ぎても働き続けていて、厚生年金の被保険者となっている場合です。この場合は年金を受給する権利をすでに得ていながらも厚生年金の保険料を払っているので併給調整の対象となり、収入に応じて年金額が調整されます。もちろんこれは、仕事をしなくなったのと同時に終了するので、調整されない年金を受け取ることができます。
それでは、不動産収入や個人年金など、いわゆる老後のマネープランとして用意していた収入についてはどうでしょうか。こちらについては全く違うところからの収入なので、併給調整の対象にはなりません。つまり、これらの収入というのは公的年金から得られる収入にそのまま上乗せされます。

「老後も働く」の最新事情

老後のマネープランの考え方を前項で詳しく解説しました。老後になってからお金を得る方法として、最も簡単に考えられるのは「老後も働いて、所得を得る」という方法です。サラリーマンの方には違和感があるかも知れませんが、自営業の方に定年はありません。実際に60歳を過ぎてもバリバリ働いている方はたくさんおられます。こういった方にとっては老後のマネープランというのは、お金の心配よりも自分がいつまで健康で現役でいられるかということに関心が向いているのではないかと思います。
しかし、サラリーマンや公務員など、組織に所属して働いてこられた方というのは、所属していた会社や団体、役所などのルールに基づいて定年退職となりますので、やはり関心は無収入になった後のマネープランだと思います。
ところが、ここに来て給与所得者で定年を迎えた方の事情も少々変わってきています。年金の受給が実質上65歳からになっている現在、60歳の定年後から65歳までを嘱託などの身分で雇用する会社が多くなってきています。60歳といってもまだまだ老後と呼ぶには早すぎるほど元気な方も多く、仕事も充分こなせることから、現実に制度を合わせる形で柔軟な対応をし始めているということのようです。
そうでなくても、ハローワークなどでは定年後の人材の再雇用に関する職業紹介を積極的に行っています。最近では就職活動をインターネットで行う人も少なくなく、定年後の再就職についてもインターネットで探すという方法も登場しています。
60歳になったからと言って直ちに完全リタイアするのではなく、あくまでも仕事の比重を減らすセミリタイアという考え方のほうが、時代に合っているのかも知れません。

老後のマネープランに必要な考え方

普通に仕事をしている人であれば、現役世代でいる限り一定の収入があります。サラリーマンの方であれば給与所得、自営業やフリーの方であれば事業所得。こうした収入から生活に必要なお金を手当てしています。
結論から先に言いますと、これが一生涯続くのであれば、ハッキリ言って老後のマネープランは必要がありません。その時に得られる収入で必要なお金を捻出すれば良いのです。しかし、現実にはそうはいきません。なぜなら、老後になると収入が大幅に減ってしまうか、もしくはゼロになるからです。しかし、その一方で生活にお金がかかるという状況に変わりはありません。そのためのお金をどうするのか、というための計画が老後のマネープランなのです。
端的に言えば、老後のマネープランというのは老後にお金の苦労をしなくて済むための準備を現役世代のうちにやっておくことに他なりません。国としてもそのことを充分に知っているので、法律によって強制的に国民年金に加入させ、そこから最低限の生活費を手当てできるような仕組みを作っています。資金の運用や現場でのずさんな取り扱いなどで失点続きではあるものの、制度そのものの精神は充分に評価できます。
しかし、それはあくまでも必要最低限の金額しか想定されていないため、悠々自適な老後を過ごそうと思うと、どうしても足りない部分があります。それを手当てするために、色々な方法が考案されているわけです。貯蓄をはじめとして個人年金、株式投資、401K…これらの方法論は全て、老後のマネープランを目的とした金融手法なのです。
一般的に収入が得にくい年齢になってから、いかにして必要なお金を得るか。老後のマネープランには、こうしたシンプルな目的があることを前提として下さい。ジェルネイルキット ランキング

アマゾンも小売業者向けに融資サービスを開始?

米アマゾン・コムの日本法人であるアマゾンジャパンも、最近では自分のサイトで小売業者向けの融資サービスを開始したみたいですね。

こちらの「アマゾンレンディング」というサービスは、オンラインでお金を借りる必要ができた小売業者に資金を援助するというサービスです。

アマゾンというとただのネットショッピングサイトというイメージだったのですが、こんな風にお金を借りれるサービスを始めたというのが驚きです。

でも、小売業者向けの融資サービスなので、アマゾンで小売業を営んでいない人は、こちらのキャッシング比較サイトがお勧めです。

こちらを参考にすれば、アマゾンの融資サービスと同じくらいに便利に消費者金融からお金を借りることができますよ。というか、アマゾンの「アマゾンレンディング」は金利ゼロキャッシングサービスなどはないでしょうから、無利息期間ありでお金を借りたいという人は間違いなく、こちら↑のキャッシング比較サイトの情報を参考にしてお金を借りた方がお得だと思います。

アマゾンの「アマゾンレンディング」も便利ですが、個人でお金が足りないと生活費や医療費、自己投資などのお金に悩んでいる人は、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンをお願いしましょう。

私の場合は、お金を借りるときは今すぐお金を借りれるかどうか、あるいは、金利ゼロで借りれる期間があるかどうか、または、誰にもバレないかどうかなどに注目して、借入先を選ぶことにしています。

誰にもシークレットでお金を借りたいのなら、モビットがお勧めですよ。

悩みは乗り越えられる人にしか訪れない

今、大きな悩みがあって、それをなかなか乗り越えられないのだとしたら、
こう考えるのはどうでしょうか。

それは…、悩みは乗り越えられる人にしか訪れないということ。

悩みというのは誰でもあるものですが、
大きな悩み、小さな悩み、悩みと言っても大小があります。

今とてつもなく大きな悩みが目の前に立ちふさがっているのなら、その悩みはあなたなら乗り越えられるからその悩みがあるのです。それを乗り越えられるような人でなければ、その悩み自体があなたを断ちふさぐことはないのです。

そして、その悩みを乗り越えることによって更に大きな人間になることが出来ます。
それが経験であり、それが糧となり魅力的な人間になっていくのです。

報われないと嘆かないで下さい。
何をやっても駄目だと思わないで下さい。

きっとあなたなら乗り越えることが出来ます。
だから今、その悩みがあるのです。
乗り越える為にその悩みがあるのです。

ピンチの後にチャンス有り。
よくスポーツで言われることですが、
スポーツには流れというものが試合の行く末を大きく左右します。

不思議かな、ピンチの後にはなぜかチャンスが来るものです。

人生においても同じことではないでしょうか。
ピンチの後には必ずチャンスが訪れます。

だから、その後に来るチャンスを必ずものにする為にも今のピンチを乗り切って下さい。

乗り越えることが出来るからこそそのピンチが訪れるのです。
あなたには出来ます。

自分を信じて下さい。
人を頼るのではなく、自分を信じて壁を乗り越える。
これが出来ればきっとあなたはこれまでよりも一回りも二回りも大きくなれるはずです。

夕方以降の即日融資なら自動契約機で

今はインターネットでキャッシング申し込みを行うのが主流です。
時間や場所に限定されず、365日24時間申し込めるとして利用している人は少なくありません。
また、申込み時間によっては即日融資を受けることができるのも魅力でしょう。
ただしネットだと即日融資申込みの締め切り時間が早く、遅くとも14時には締め切ってしまいます。
そのため直ぐに融資を受けたくても仕事などをしていれば締め切り時間に間に合わない人もいますし、休日などを挟むと2~3日後になってしまうのがネックです。
時間に余裕がある方ならいいですが、今すぐにお金が必要という方には完璧とは言えません。
しかし対策はあります。
もしネット申し込みで即日融資が不可能だったら無人契約機を利用しましょう。
無人契約機は消費者金融が設置する無人システムのキャッシング契約機です。
街中の片隅に設置されているのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
手続きは簡単で、まずボックスの中に入り、機械を操作して申し込みを行います。
対面式ではないため手軽に利用でき、さらに申し込みをすればその場で審査をしてもらえ、審査に通過できればその機械でキャッシングカードの発行までしてもらえます。
また、ATMを併設している無人契約機も多いので、カードが発行されればそれこそすぐにお金を借りることができるのが魅力です。
ちなみに無人契約機にも利用可能時間はありますが、平均して21時頃まで営業しているので、夕方以降でも高確率で融資してもらうことができます。今すぐお金を借りたいのならこの記事をしっかりと何度も確認しましょう。

マーくんの連勝が34でストップ!!

去年の日本での公式戦から続いていたマーくんの連勝がついにストップしました。
メジャー初黒星を喫し6勝1敗となってしまいました。

連勝は34でストップ。
なんかとても残念な気持ちになってしまいますが、
それでも昨年日本のプロ野球で無敗で今になって久し振りに黒星を喫した訳です。
勝って当たり前の心境はどんな気持ちだったんでしょうね。

投げれば勝てる…
野球界の頂上と言えるメジャーリーグ。
そして、その中でも名門と呼ばれ一番注目度の高いヤンキースで
投げれば勝てるという心境はどんな感じなんでしょう。

もう自分は神様なんじゃないか…
という錯覚を起こしても不思議ではないような感じなんでしょうか。

それでも久し振りに黒星が付いて、
やっと現実界に戻ってきた感じなんでしょうか。

今のマーくんの気持ちはどんなものなのか一般人の私たちには計り知れませんが、でも負けて良かったんじゃないかなと思います。これで余計な力も入らなくて済みますしね。

よくプロの選手で記録は気にしてないなんて言いますけど、バッターならホームランやヒットの数や打率、ピッチャーなら勝ち負けくらいは絶対に意識しているはずです。

逆に言えばそれを意識していなかったらプロとして失格だと思いますし。

なのでマーくんもこれで肩の荷が降りて良かったんじゃないかなと思います。
奥さんも一安心なんじゃないでしょうか。勿論残念な気持ちもあるでしょうけどね。

それにマーくんはこれでダメになるようなやわな精神力ではないと思います。
常に高いモチベーションを保ち続けこれからもがんばってほしいですね!

自分なら既に何十億も給料を貰っている時点でモチベーションなんて維持出来ないと思いますけど…。

それがすごいですよね…。

お金の悩みなんて吹き飛ばせ

お金が足りないと悩んでる方は迷わずお金を借りれば良いと思います。

お金を借りることに対して抵抗感を感じている方も多いようですが、返済計画が明確にあればまず多重債務になることは考えられません。

借金を返済することよりも大人が毎日継続してスポーツをすることの方がよっぽど難しいです。

借金をすることにより可能性が広まります。
何かの資格を取りたいという方もそれを実現できます。

使用用途が自由なフリーローンが個人的にはおすすめですね。

お勧めの業者は今日中キャッシングというサイトで紹介されています。

借金は毒の側面も確かにありますが薬の面の方が大きいです。

派手な生活をするため、浪費するために借金をするのでなければ多重債務に陥ることはまずありません。

もし陥るとしたら前述したように返済計画を立てられなかった場合です。

なので借金に対するアレルギー反応みたいなものをいつまでも持っていると千載一遇のチャンスを逃すことになってしまうことになりかねませんのでそんなものはとっとと捨ててしまいましょう。

お金の悩みがあるのなら良い業者を徹底的に探してお金を借りる。そして返済計画に則って出来る限り早く返済する。

そうすればより豊かな毎日を送ることが出来ると思いますよ

源義朝に学ぶ武士の心

私は源義朝(みなもとのよしとも)という武将が好きです。
あまり聞きなれない名前かもしれませんが、
あの鎌倉幕府を築いた源頼朝と牛若丸と呼ばれた源義経の父です。

「侍」という言葉がありますが、
これはもともと仕える・従う⇒さぶらう⇒さむらい
となった経緯があります。
つまり、貴族に仕えた武士のことを意味する言葉でした。

源義朝が生きた平安時代は武士が貴族に仕えるのは当たり前の時代で、
それが覆ることはありませんでした。

しかし、それを覆し武家政権の礎を築いたのが源義朝です。

武家政権というと解りにくいかもしれませんが、
それ以降に始まる子頼朝が築いた鎌倉幕府や室町幕府、
そして戦国時代を経て確立する江戸幕府も全て武家政権です。

日本の時代が変わったとして幕末や明治維新が有名ですが、
実は源義朝も日本の歴史を大きく変えた人物の一人でもあります。

細かく書くとすごく長くなってしまうので割愛させて頂きますが、
結果的に源義朝は己の夢を果たすことは出来ませんでした。

しかし、その意思を継いだ子である頼朝が鎌倉幕府を築いた。
この瞬間に源義朝の夢は成就されたのです。

武士は貴族の下ではない…
という彼の精神は本当に見習うところがあります。
そしてそれは考えだけでなく、
己の命を張ってでも変えようとした真の武士と言えると思います。

また、私が源義朝を尊敬するもう一つの側面として、
その思いを子に託すところにあります。

夢は受け継がれる…
そういう生き方が私はとても尊敬出来ます。

スポーツインストラクターとしてその思いをどう伝えれば良いか
正直分かりませんが、この源義朝の生き方を見習い私も邁進していこうと思います。

悩むこと…それはスポーツかもしれない。

悩む事って疲れますよね。

私はスポーツインストラクターをやっているのですが、体を動かすよりもずっと悩む方が疲れると思っています。そして、悩みってその悩みを乗り越えれば人間的に大きくなります。

ある意味スポーツと同じなんです。
例えば筋トレをしたとします。
その筋トレで得られるものって筋肉ですよね。
悩みの解消で得られるものって自己の成長です。

似てませんか?

そして悩みもスポーツも疲れます。

悩みは頭が疲れ、スポーツは体が疲れます。

でもスポーツの疲れには清々しさがあります。
一方、悩みの疲れにはそれがない。

ここが大きな違いだと思います。

つまり悩みに清々しさを感じることが出来れば、
それはある意味スポーツと同じだと思うんです。

でもどうやって悩みに清々しさを加えれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。
その悩みを解消する、もしくは解消しようと努力することです。

勿論、スポーツと同様の清々しさを得ることは難しいと思いますが、
それでも悩んだままにしておくよりよっぽど良いと思いますよ。

だから私は悩みもスポーツだと思って受け止めていますし、
スポーツのように楽しみながら悩みと向き合っています。

スポーツの中でも格闘技の部類に入るかもしれませんね。
どちらが勝つか負けるかという感じなので。

このブログで何を書いていこうかと言うと、
そういったスポーツ的な観点で悩みごとにどう対処していけばいいのかを書いていこうと思っています。

これを読んでくれる方にとって役に立つかどうかは分かりませんが、
こういう考え方もあるんだなーくらいにでも思って頂ければ幸いです。

スポーツインストラクターならではの考え方がここにはあると思いますので、
是非あなたにとっての人生の参考になればと思っています。

楽しみながら読んでみて下さい!