悩むこと…それはスポーツかもしれない。

悩む事って疲れますよね。

私はスポーツインストラクターをやっているのですが、体を動かすよりもずっと悩む方が疲れると思っています。そして、悩みってその悩みを乗り越えれば人間的に大きくなります。

ある意味スポーツと同じなんです。
例えば筋トレをしたとします。
その筋トレで得られるものって筋肉ですよね。
悩みの解消で得られるものって自己の成長です。

似てませんか?

そして悩みもスポーツも疲れます。

悩みは頭が疲れ、スポーツは体が疲れます。

でもスポーツの疲れには清々しさがあります。
一方、悩みの疲れにはそれがない。

ここが大きな違いだと思います。

つまり悩みに清々しさを感じることが出来れば、
それはある意味スポーツと同じだと思うんです。

でもどうやって悩みに清々しさを加えれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。
その悩みを解消する、もしくは解消しようと努力することです。

勿論、スポーツと同様の清々しさを得ることは難しいと思いますが、
それでも悩んだままにしておくよりよっぽど良いと思いますよ。

だから私は悩みもスポーツだと思って受け止めていますし、
スポーツのように楽しみながら悩みと向き合っています。

スポーツの中でも格闘技の部類に入るかもしれませんね。
どちらが勝つか負けるかという感じなので。

このブログで何を書いていこうかと言うと、
そういったスポーツ的な観点で悩みごとにどう対処していけばいいのかを書いていこうと思っています。

これを読んでくれる方にとって役に立つかどうかは分かりませんが、
こういう考え方もあるんだなーくらいにでも思って頂ければ幸いです。

スポーツインストラクターならではの考え方がここにはあると思いますので、
是非あなたにとっての人生の参考になればと思っています。

楽しみながら読んでみて下さい!

悩みはスポーツと同じです。これ本当!